中国はたらく駐妻’s diary

旦那さんの中国駐在に帯同のはずが就労ビザ。都会じゃない中国でパートで働く駐妻の日記

やっぱり王将

一時帰国2日目の旦那さん。朝からずっと会議詰めでとてもお疲れの様子だったので食べたいものを聞いてみる。やっぱりコチラ餃子の王将好きなものばっかり注文してましたが、お仕事頑張ってくれるなら安いもんです。あやこおまけ私はレバニラ炒めと天津飯が好…

日本のスタバ

昨夜は旦那さんの一時帰国日。駅で待つ間、スタバでコーヒーでも。夜9時なのに半数がお勉強中。残りはお喋り中。平日火曜日ですよ!はよ帰って寝たらいいのにー!日本は夜まで大変だなぁあやこおまけ旦那さんの待つ間、私はひたすら携帯ゲーム。そんな人一人…

日本1泊目はカプセル💊で

そうそう、今回の一時帰国は夕方便にしたので空港で一泊してから帰宅することにしました。色々調べてみて、面倒くさがり屋の私が選んだのはコチラカプセルホテル関空直結なのにお値段が1万を切る場所は空港から駅を挟んだ反対側。ニッコーホテルがあるビルで…

新しいコーヒーメーカー

トースターが欲しくてビッグカメラに行ったのに、コーヒーメーカー買っちゃった(^^;;トースターが欲しい - 中国はたらく駐妻’s diary中国の家ではメリタのコーヒーメーカーを使っていますが、日本ではシンプルな象印。今のでも問題なかったけど、大容量の美…

トースターが欲しい

日本の家はそのまま貸すことなく置いている我が家。いつ帰ってもいいように両親と弟夫婦が風を入れてくれています。一時帰国ではほぼ料理はしないけど、調理グッズは気に入ったものが欲しいので、そろそろ帰任後の生活を想定して準備することに。今一番欲し…

やっぱコンビニ

一時帰国の楽しみ。コンビニパトロール👮楽しすぎあやこ

ニーハオ!シェシェ

昨日から一時帰国中。昨日の空港。あっけなくチェックイン→イミグレ→安全検査が終わり、時間を持て余す。以前は戦後大陸からの引き上げ船と間違うくらいの大行列だったのに(u_u)時間の問題か、季節の問題か、それとも空港が改善してくれたのか。持て余した時…

ここは日本だな

今日は一時帰国の日。夜には日本にいると思うとソワソワしちゃいます。飛行機は夕方発なので、上海の友人とランチ。一ヶ月ぶりにペチャクチャ喋ってお昼を満喫。高島屋のお蕎麦屋さん。かき揚げぶっかけ蕎麦で外の暑さを忘れる。忙しい友人のひと時を割いて…

もう一度発音

中国語を勉強始めて3年と少し。 書かれているものの内容はおおかた理解できますが、 更に最近、話している内容がなんとなく聞き取れるようになり、色々話したい欲求はある。 そこでネックになるのは発音。 最近また始めました。 発音表とにらめっこ。 カタカ…

いつまで住めるか分からないから

先週末、地元が同じという方とご一緒する機会がありまして。 自然と出る地元ネタに大笑いした夜の帰り道、中国でお住まいのマンションの話を始める紳士A。 どうやら中国の女性と結婚して、奥様が同じマンション敷地内で家を買い換えたとな。 えーー!金持ち…

日本へのお土産

来週は一時帰国。家族へのお土産は毎回悩むところ。まずはお茶屋さんで雲南省の紅茶を買いに。中国の紅茶は時間がたっても渋くなりにくいので我が家では好評です。更にスーパーで何か面白いものがないか探しに行ってみる。中国風味のフック家を新築した姉に…

今月は出張者が多い

新アイテムが立ち上がるのに伴い、 日本からの支援者が沢山来てくれます。 先週から4名、 今週には更に1名、 中国の子達はイベントが好きなので、 こうやって支援者が来て色々するのが楽しいみたい。 土日も誰かが出張者のお相手をするんですが、昨日は免除…

ちょっといいローカルご飯屋さん

GWがあったりして、一時帰国の方が多い5月。おひさしぶりにお友達とローカルランチです円卓中華なので、大人6人&子供3人で個室を予約してくれました。锅贴(焼き餃子)やスープ、キクラゲやパパイヤサラダでお腹がいっぱい(^^)あやこおまけお店まで優雅にタ…

あっ!忘れてきた

昨日の中国語のお稽古。お勉強のあとは糖分補給 - 中国はたらく駐妻’s diary自転車乗って行ったのに、歩いて帰って来ちゃった。🚲🚴🚵🚵🚲🚴🚵🚲🚴🚵🚲ハァー(u_u)やっちまった、、自転車取りに行かなきゃあやこおまけ公園の花を撮ってる場合じゃないわ

お勉強のあとは糖分補給

中国語のお勉強で脳みそをギューっと使った後は糖分補給更に混乱してる脳にさっぱりレモンのクリームパスタ別に中国語が《さっぱり》理解出来なかった、と掛けている訳では無い。あやこおまけ中国語のクラスになるといつも右耳が聞こえづらくなる。これが拒…

酸っぱい気持ち

昨夜の話。 お仕事終わりにいつもの通り日本料理屋さんで晩御飯。 みんな疲れているので気分を変えたくて、あまり行かないお店へ。 まずは生ビールで乾杯! うん? なんだか酸っぱい。。。 中国ではたまーにあるんですよね。 酸っぱいビール。古くなっている…

『酱』の使い方

中国語でお醤油は『酱油』 日本語の漢字と若干違いますが、ほぼ同じですね。 この『酱』という漢字、結構使われます。 例えば、 XO酱 ⇒XOジャン *日本と同じ 番茄酱 ⇒ケチャップ 番茄がトマトですね 蛋黄酱 ⇒マヨネーズ 蛋黄は黄身 花生酱 ⇒ピーナツペース…

もうすぐ一時帰国

旦那さんは毎年5月に本社報告のために出張帰国があるので そのタイミングで私も毎年一時帰国。うふふ、もうすぐです。 今回は最後の一時帰国になるかもしれない。 それでも買い物リストはてんこ盛りなんだけど大丈夫かなー。 今回は旦那さんは仕事、 私は完…

少数民族調べてみた

最近の中国語クラスで中国の少数民族についての文章を扱うことが多かったので 調べてみた。 ノート2ページにもギリギリ(というか最後書ききれなかった)。 これだけの民族が1つの国でそれぞれの文化を持って暮らしているってスゴイよなぁ。 あやこ おまけ …

広島お好み焼き 初挑戦

久しぶりのお好み焼。関西人の私ではありますが、友人から嬉しいプレゼントを貰ったので※オタフクHPより写真拝借初の広島のお好み焼初挑戦!キャベツが大きいのはご愛嬌ということで(私の包丁レベルはコレが限界)。何年かぶりに食べた広島お好み焼き。本場…

端午の節句ですもん、ちまきでも

日本はこどもの日でお休みですね。そしてこの時期といえば柏餅とちまき♡あんこババアの私としては4月は桜餅、5月は柏餅、6月は水無月と和菓子ループが続きます。中国に来てなかなか美味しい和菓子が季節毎に食べられないのは辛いけど、中国にだって粽(ちま…

2回目の北京 最終日も

長々と記録した北京旅行ですが、やっと最終日のお話。さて、最終日のご飯は何にしよう?日本料理なら自宅でもいいし、近所の日本料理屋さんでも美味しいものが食べられるので、 旅行先ではできるだけ地元で食べられないものを狙いたい。 今回みたいに都会に…

今日は青年節

中国の祝日というか記念日には『節』の文字が付きます。 春節、清明節、労働節、国慶節、などなど そして今日は青年節。 日本では聞いたことが無いんだけどなぁ。 28歳以下の若者は半日お休みがもらえる、というもの。 はい、3月の婦人節に女性が半休もらう…

買いたいの

おなじ職場のスタッフが現在第一子を妊娠中。 8月初旬に生まれるらしく、そろそろ自分用のマタニティグッズや赤ちゃん用品を揃え始めている様子。 そんな時に便利なのはやっぱりタオバオ。 彼女が購入リストを見ながら辛そうに「お金むっちゃ使うわー(中国…

2度目の北京 1人ご飯は羊肉

旦那さんと別行動で1人観光。 hatarakuchutsuma.hatenablog.com お昼ご飯は羊肉に決定。 (旦那さんは羊肉が苦手なので1人の時のお約束) 地下鉄北新橋駅近くの新疆料理屋さん ステージもあるようで、楽器が置いております。夜は演芸(言い方古い?)がある…

ええ加減な小姑

私は三人姉弟でして。 姉と弟がいる真ん中っこです。 弟とは全然絡みませんけどね、 姉とはオンナ同士でしょうもないやり取りが多いです。 昨日もこんなやり取りが↓ 弟のお嫁さんの誕生日が5月という認識があるものの、 2人して日にちを覚えていない(´Д`) =…

2度目の北京 1人観光

2日目は旦那さんと別行動。 彼はモーターショー、私は観光。 1回目の北京では天安門や万里の長城の遺跡は見たので、2回目は新しい北京を散策。 北京の胡同=路地を街ブラ。 観光地らしくて、すごい人。 京都の新京極通みたいな雰囲気。 見た目は古いけど、 …

2度目の北京 ドイツビール再び

今回泊まったホテルは、日本大使館の近くにあるウェスティンホテル。そしてホテル近くにはドイツルフトハンザの名前を冠したショッピングモールがあり、更にコチラよく見かけるロゴですよね。こちらのビアレストランは世界中で見かけます。1軒目とほぼ同じメ…

2度目の北京 北京国際モーターショー

会場を間違い(というか日程を間違い)、アタフタ((((;゚Д゚)))))))したものの無事に会場へ。2度目の北京 ミッションクリアのご褒美 - 中国はたらく駐妻’s diary大行列を想像してましたが、結構スムーズに検札、荷物検査が進みます。中はかなりの熱気。昔のモ…

2度目の北京 ミッションクリアのご褒美

今回の北京旅行の1番の目的はモーターショー。 2度目の北京 しゅっぱーつ! - 中国はたらく駐妻’s diary ネットで事前に入場チケットを買っていましたが、郵送だと間に合わないのでチケット屋さんの北京事務所へ取りに行く事に。 労働節はどうしましょう - …