読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国はたらく駐妻’s diary

旦那さんの中国駐在に帯同のはずが就労ビザ。都会じゃない中国でパートで働く駐妻の日記

両親が来てくれました

’16.アテンド蘇州同里・上海
一時帰国前、
私の両親と姉が中国に来てくれました。

以前から誘っていたのですが、
父親の退職記念に決めたそう。

アテンドなんて簡単だろう、とバカにしてました。
マイペースな両親と姉をなんとか安全&快適に過ごさせようにしたら大変すぎて(~_~;)

まずは上海浦東空港でお迎え。

色々言ったら緊張させると思って、出国について(特に日本のところ)は説明しなかったからなのか、
関空でチェックインさえすればいいと思い込んでいたらしく( ゚д゚)、
手荷物検査や出国審査での時間を考えてなかったそうです 笑

免税店で白い恋人頼んでたのになー。
でも自分たちの化粧品は変えたみたい(^^;;

3人が飛行機に座った途端ドアが閉まって動き出したとか。
ほんと、JALのみなさんスイマセン(u_u)

上海部分の説明は細かくしてたので、スムーズに出てこれたそうですが、
人の多さについて伝えるのを忘れておりまして。。
浦東の出口でずいぶん疲れた顔してました(*_*)ここからが中国国内移動の大変さの始まりなのに。

空港バスの乗ったものの、高架は大渋滞。クーラーは冷え冷えで年寄りには辛かったみたい。
高鉄は予約していたのでスムーズに乗れたし、タクシーもまぁまぁ並ばずに済みました。

中国のタクシーっていつもは不親切なんですよ!荷物は自分でやらないとダメだし、運転荒いし。
でも、今回の両親滞在中の運転手さんたちは全部親切で安全運転で助かりました\(^o^)/
年寄り&子供には優しいお国柄に、両親がずいぶん感謝していました。

高鉄の後はタクシーで我が家へ。
日本から色々持ってきてくれましたものを下ろしてホテルへ。
すっかり疲れてる両親たちなので、ホテル前の日本料理屋さんで労い。
仕事の旦那さんも合流して家族ゴハンができました。

次の日は朝から蘇州観光なので早めに寝ました。
私も両親と一緒にホテルでお泊まり🎶
けっこう嬉しかったです♡
あやこ


おまけ
旦那さんの会社経由で予約したホテルはなぜか、部屋の真ん中に浴槽がどーんとありました。
温泉気分です

f:id:hatarakuchutsuma:20160528213410j:image