読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国はたらく駐妻’s diary

旦那さんの中国駐在に帯同のはずが就労ビザ。都会じゃない中国でパートで働く駐妻の日記

少しだけ心の声

中国人は信じすぎない方がいいよ、と

先日人生の先輩から忠告を受けた私。

 

それは今回のアテンドの話から始まった話で。

私の唯一の中国人の友達といってもいいWさんのことです。

彼女は顔が広いので、(というか、私が中国で無力すぎるので)

なにかと彼女にお願いすることが多いです。

今回も社長さんの奥様のガイドを紹介して欲しいと頼みました。

 

 

人生の先輩の話をまとめると

どうやら、彼女の会社は日本人を相手にしているせいか、

結構高い金額を提示する、という事なんだそうです。

そして中国人の人にはちょっぴりしかお金を渡さず、仲介料を取るというもの。

「結構あくどいよ」という言葉。そして

「私の知っている大学生なら100元かランチ代だけでやってくれるよ」

というもの。

 

 

結局はWさんにお願いしていたので、そのままやってもらいましたが

結果、ぜんぜん問題なし。

というか、素晴らしいガイドで400元では安いと思ったくらい。(社長さんのお金なんだけど)

奥様も大満足だったし、何より礼儀正しい。

事前に下見もしてくれているし、だいたいがスムーズ。

大学生だとここまでしてくれたかどうか、怪しいものです。

 

その金額の価値はやはり中身なんだと

良い経験をさせてもらいました。

 

Wさん、ありがとう。

あやこ