読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国はたらく駐妻’s diary

旦那さんの中国駐在に帯同のはずが就労ビザ。都会じゃない中国でパートで働く駐妻の日記

日中のかけはし

 私が働くきっかけになった1つに専門性があります。

その専門分野で、ローカルの子達と

「アレがどう」「コレがどう」という話が出来るようになりました。

芸は身を助ける、でしたっけ?(日本語は苦手です)

 

 

先週も、ローカルの子達から呼び出しをもらい、

「この設備をなんとかして欲しい」と言われました。

でもね、私の専門は設備じゃないの。

直してあげたいけど、そんな知識どこを捜しても私には無いの。

と(出来るだけ悲しい顔で)伝えてみましたが、なかなか引き下がらない。

 

更に話をじっくり聞いていると、彼が言うには

いやいや、おまえではない。

設備部門の日本人に伝えてくれ、という話。

(こんなとき、中国語が出来ないと勘違いの連続です)

 

自分たちだけだと上手く伝えられないし、

日本人たちは(私も含めて)中国語が苦手。

それでも、私ならヒマそうに見えるというのか。

ローカル社員のつたない日本語とパート駐妻人の勘違い中国語の交流でなんとか話が通じ、

設備部門へバトンタッチ。

 

そんな話が最近多いなぁ。

どうやら私の一番の専門分野はローカル社員と日本人たちの架け橋のようです。

あやこ

 

 

おまけ

ローカル新人君(日本語OK)の書類の確認をした時のこと。

「内容OK~」と明るく返却した瞬間、

「社長のサインもらうの頼む」と素で言われた。

これは、架け橋じゃなくてパシリだと思った話。

うん?もちろんサイン貰いに行きましたけどね 笑